頑丈な構造と自然素材にこだわる、地域密着の浜松市の工務店です。

初生本社TEL 053-437-2695

 富塚店TEL 053-416-2500

TEL
完成見学会 予約 お問合せ・資料請求 無料相談
完成見学会
予約
無料相談 お問合せ
宮下工務店のブログ

インフォメーション

2018.01.09

宮下工務店について

宮下工務店の家づくり「耐震等級って知っていますか?」

いつ起こるかわからない地震。大切な家族や財産を守るためには、いざという時に備えて耐震性の高い家づくりを考えることが大切です。特に、地震大国と言われる日本の中でも私たちの暮らす浜松エリアは、東海地震への備えが必須。そこで今回考えてみたいのが、「建物の耐震等級」についてです。

耐震等級」とは、耐震性を表す指標のことで、耐震等級1〜3の3段階となっています。
耐震等級1は、数百年に一度程度の地震(=震度6〜7 の地震)でも倒壊や崩壊しない強度を持っていること。これは建築基準法と同程度の建物ですが、損傷のリスクはゼロとは言えません。

そこでさらに耐震性を高めた家が「耐震等級2」「耐震等級3」の家。
耐震等級2は、耐震等級1で想定されている地震の1.25倍規模の地震が起きても倒壊や崩壊しない強度。
耐震等級3は、耐震等級1で想定されている地震の1.5倍規模の地震が起きても倒壊や崩壊しない強度とされています。

…と数字でお伝えしてもなかなかイメージしにくいかもしれません。
身近な例で言えば、学校や病院は耐震等級2、消防署や警察署は耐震等級3が建物の耐震基準となっているんですよ。家づくりを考える際には、ぜひ耐震等級はどのくらいかな、という点も気にしてみてくださいね。

宮下工務店は標準施工の家が耐震等級3相当です。地震に負けない家づくりを目指し、「真壁パネル工法」や、耐震性の高いLVL材を使ったり、間取りを決める際にも、耐震バランスを考えた柱や壁の配置にしています。
真壁パネル工法は、柱と柱の間に、パネルをはめ込むことで、縦横どちらの揺れにも強い構造を実現する工法です。LVL材や真壁パネル工法についてもっと知りたい方は、こちら(http://miyashita01.hamazo.tv/e7619051.html)でも詳しくご紹介しています。

予算や工法についてもっと知りたい方はお気軽にご相談ください。

無料家づくり相談開催中!

宮下工務店では、住まいに関する「無料相談」をほぼ毎日開催してます!
土地や予算のことはもちろん、住まいのあらゆることを、まずはお気軽にご相談ください!
キッズコーナーも併設していますので、じっくり相談されたいご家族にも安心です。

ご相談の流れはこちら

お申込みフォームからも受け付けております!

無料相談のお申込みはこちら